人気ブログランキングへ 痛みで困っている方々に・・・ トリガーポイント・エクササイズ 忍者ブログ
Admin / Write / Res
このブログは痛みで困っている方に 笑顔を取り戻して頂きたいという思いで綴っています。
<< 09   2017/10   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     11 >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


パソコンに向かって長時間仕事をした後や遠方までドライブをした後に感じるこわばり(運動制限・ブロック)をほぐすために、背伸びをしたり、軽く身体を捻ったりすることを私たちは日常的によく行っています。

このようなちょっとしたこわばり感は誰しも経験しているありふれた現象です。こういったこわばりは、休息したり軽い運動をする事で通常は治まって行くのですが、それがいつまでも残るようになり、さらに他の部位へ拡がって、トリガーポイントが生じ、痛みを感じるまでに進む事があります。

パソコンに向かった仕事を続けたり、長時間の運転をすると言うことは、同じ姿勢を強いられる為に、姿勢を維持するために働く姿勢筋が酷使されます。近代の社会生活は、この姿勢筋を酷使することが多くなっていますので、腰や肩に違和感や痛みを感じる方も多くなっています。

同じような仕事をしていても、腰や肩にコリや痛みを感じない方もいれば、短時間でも辛くなってしまう方がいます。この違いは何でしょう?

私たちはいつの間にか獲得した特徴的な動きや姿勢の癖(パターン)を持っていますので、遠くを歩く家族や友人を見分ける事ができます。 また、足首を捻挫したり、怪我をしたりすると、その痛みをかばうために違った運動パターンを身につけてしまう事もよくあることです。 

このように、いつの間にか獲得した運動パターンが、筋に負担が掛からない合理的な動きや姿勢であれば良いのですが、不合理な動きや姿勢を身につけてしまっている人は、こりや痛みがなかなか治りにくく慢性化してしまいます。 

身体にこわばり(運動制限・ブロック)が生じ、治りにくくなる要因はいろいろありますが、最も大きな要因はこの「いつの間にか身につけた障害された運動パターン」です。 これは脳によって制御されているパターンですので、気づくことが難しく、正しい動きにリセットするためには、自らが行う運動療法が最も有効です。

ヨガやストレッチなど様々な運動療法がありますが、脳と身体の情報交換を通じて、障害された運動パターンを修正するには、「フェルデンクライス・メソッド」がお勧めです。できるだけ力を使わず、できるだけ小さな動きをすることで、筋の微細な感覚を脳に伝え、誤った制御を書き換えて行くのです。

トリガーポイントに着目して筋の状態を正常化して行くエクササイズにプラスして、脳と身体の情報交換を通じて、傷害された運動パターンを修正して行くエクササイズを行えば、痛みやコリが軽減され、さらに代謝の良い身体へと変化して行きます。

このようなエクササイズを学べる所が京都市でスタートしています
痛みやこりで困っておられる方は一度体験されて下さい。

2010年12月スタート⇒ 名倉堂接骨院:トリガーポイント・エクササイズ講座

2011年01月スタート⇒ 江原鍼灸整骨院:トリガーポイント・エクササイズ教室

参考書籍⇒ 「フェルデンクライスの脳と体のエクササイズ―健康とリラックス、フィットネスのためのらくらくエクササイズ
PR
以前にも書きましたが、
「痛み」を緩和するために大切な事は
毎日のホーム・エクササイズです。

onaka.jpg






特に長年痛みや凝りで苦しんでおあれる方、
ちょっとした運動や労働で痛みや凝りが出やすい方にとって
ホーム・エクササイズは欠かせません。

しかし世の中には様々な体操法や
自己治療法がありますので、
「腰痛にはどれをすればいいんですか?」
「どんなことをするのが効果的ですか?」
「トリガーポイントを弛める方法を教えて下さい」
と言ったご質問やご要望が毎日のように来ています。

そこで今回は「腰痛」「背痛」の為の
トリガーポイント・エクササイズをご紹介します。

これまで書いて来ましたように
腰痛や背痛には腹部の筋が重要な関わりを持っています。

ですから、「腰痛」「背痛」を緩和するには
お腹のトリガーポイント・エクササイズも併せて行います。

【トリガーポイント・エクササイズのやり方】

トリガーポイントを弛める方法としては
次のようなものがあります。

道具無しでも出来ますが、
テニスボールやゴムバンドを使うとより効果的です。

①虚血圧迫
 (押すと「ズーン」という響くようなところは
  じわーっと20~30秒押し続ける虚血圧迫で痛みを緩和します)

②テニスボール・マッサージ
 (10秒間で2~3cmという、ゆっくりとした動きでほぐします。)
③ストレッチング
④虚血圧迫+ストレッチング
⑤等尺性収縮
⑥温湿布

エクササイズでは①~⑤を行って
その後温湿布やお風呂で温めるなどを行います。


【注意すること】

●強くし過ぎないこと、やり過ぎないこと。


 テニスボールを当てたり、ストレッチをすると
 縮んでいた筋が弛んでとても気持ちがいいものです。
 その為、ついつい強くし過ぎたり、時間を掛けすぎたり
 何度も、何度も行ってしまいがちです。 
 
 1回の虚血圧迫やストレッチは優しめに行い
 回数も3回程度にして下さい。

 そして1日に行う回数も3回程度にして下さい。

 強くし過ぎたり、時間を掛けすぎますと
 かえって筋肉に負担をかけたり、損傷をさせる場合がありますので、
 この事を守っていただきますようお願いします。

【「腰痛」「背痛」のための
 トリガーポイント・エクササイズ】


①腰背部のトリガーポイントを弛める。

1-1 まずテニスボールを絨毯の上か、お布団の上に置きます。
   注)床の上では効き過ぎる場合があります。

ball.jpg






1-2 仰向けになりながら、テニスボールの上に腰や背中を載せます。

senaka2.jpg







1-3 膝を立てて、脚や肘や頭で体重をコントロールしながら
   腰や背中をマッサージします。

   注)マッサージのスピードは10秒間で2~3cmという
     ゆっくりとしたスピードで行い、
     ゴリゴリしないようにして下さい。

aenaka1.jpg







1-4 マッサージをしていると、
  「ズーン」と響くような感じの所に出会う事があります。
  この時は、その場所で動きを止めて、
  20~30秒間やさしく押し続けます。

  すると痛みが和らいできます。
  和らいできましたら、もう少し強めに押して
  痛みが和らぐのを待ちます。

  これを2~3回繰り返して下さい。 


1-4 腰背部をストレッチングする。

  テニスボールをはずして、両膝を胸元に引きつけて
  腰から背中をストレッチングします。

senaka.jpg







② 腹部のトリガーポイントを弛める

2-1 まずテニスボールを絨毯の上か、お布団の上に置きます。
   注)床の上では効き過ぎる場合があります。

onaka1.jpg





   
2-2 うつ伏せになりながらテニスボールの上にお腹を載せます。
   場所は恥骨のすぐ上の辺りです。

   この時ボールの指圧の効きが悪いと感じた場合は
   上記の写真のように、タオルなどを折りたたんで
   その上にテニスボールを載せて行います。

   タオルの厚さで効き具合を調整して下さい。

onaka2.jpg






2-3 腹部の指圧&ストレッチング

  肘を立てて胸を起こして行きますと
  腹部の筋が伸びてきますし、
  お腹に当てたテニスボールが気持ちよく指圧してくれます。

  身体を起こしたり、ゆっくりと左右に動かして
  腹部を指圧&ストレッチングします。

onaka3.jpg







2-4 次いで、肋骨の下の胃の辺りにテニスボールを移動して
   上記と同様に行います。
   
   ※どちらも3回ずつほど行って下さい。

2-5 仕上げのストレッチング

  テニスボールをはずして、
  うつ伏せの状態から腕を立てて
  胸をゆっくりと起こして行き、腹部をストレッチングします。

  この時、お腹や腰を力を抜いて行うことと
  骨盤の部分が床から離れないように注意して下さい。

  また、胸を起こし難い場合は
  出来るところまででOKです。

  少しストレッチングするだけでも
  充分に効果があります。

onaka.jpg 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
佐藤 恒士
年齢:
64
性別:
男性
誕生日:
1952/10/27
趣味:
写真撮影
自己紹介:
福岡県福岡市在住。

趣味は五十の手習いで始めた写真撮影。

カイロプラクティック、オステオパシー、整体法、心身医学などの研究を通して、故ジョン・F・ケネディ大統領の主治医だったトラベル博士と、航空宇宙医学の研究者だったサイモン博士が発表した「筋膜痛と機能障害」の論文に出会い、トリガーポイントの存在を知る。

その後、トリガーポイント・ブロックで治療を行われている、石川県小松市の整形外科医、加茂淳先生に出会い、痛みの原因がトリガーポイントにある事を確信する。

トリガーポイントの考え方を整体法治療プログラムに取り入れた、「トリガーポイント整体法」と、自分で痛みを軽減する「トリガーポイント・エクササイズ」を開発し、後進の育成に力を注いでいる。

また、トリガーポイントの事を多くの方に知って頂く事が、痛みで苦しんでいる方々に光と希望を与え、痛みを軽減する事になると、講演会などを通じて啓蒙活動を行っている。
バーコード
ブログ内検索
Copyright ©  痛みで困っている方々に・・・ All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]